ブログ

2020.07.05

目の下のクマについて

目の下のクマって意外と悩んでいない方が多いのです!

なぜかと言うと、目の下にクマがある方は
すでに肝斑があったりお肌全体がくすんでいたり、たるんでいたり。。。

目の下のクマ以外のお悩みで来られる方が多いのです(経験上です)

でもね、目の下のクマは、私からするとまずケアしなきゃって思うトラブル肌なんです。

目というのは、東洋医学では、肝臓と深く関わるという部分。例えばお酒をたくさん飲むと目が充血したり、また、イライラ〜と怒りに燃えても目が充血します。
それはお酒やストレスが肝臓に負担をかけるから、肝臓と深く関わりがある目にまで負担をかけて充血するという風につながるからです。

肝斑ってシミのことですが、「肝臓の斑点」と書きますね!
シミの多くは紫外線よりも、肝臓だけではなく、部分によって、様々ですが、内面からのストレスや不調があらわれているものなのです。だから、肝斑がある人は、目のクマがある方が多いし、逆に目のクマがある方も肝斑があったり、内臓やストレスに気をつけなきゃって状態だということなんです。

目のクマにも色によって、原因は違いますが、血流が悪いことには変わりがないので、お肌にもよくないのです。放っておくと周りのお肌が老化していまいます。
だから私は目のクマのケアが大事だと思ってしまうのです。

では、目のクマの改善方法とは。。。

先程も言いましたが、肝臓と深く関わりますので、そちらの方から補ってケアしていくことが1番です。
肝臓ってお酒を飲む人だけではなく、ストレスが多い人もすごく負担をかけてるんですよ。

イライラすることは、とても肝臓によくないので、なるべく怒らないでゆる〜くゆる〜くに変えていくことです。

もちろんお酒も控えましょう。ただ、飲み過ぎず、ストレス発散になる程度のお酒なら、「酒は百薬の長」と昔から言われるくらいですから、気持ちよく飲む方がいいと思います。

また食事から肝臓を補う!
あさりやしじみなどの貝類やレバーや赤身のお肉がいいことはよく聞かれると思いますが、緑の濃いお野菜もいいですよ。ほうれん草や小松菜は毎日食べています!夏には酢の物がとてもいいです。うこんや甘草など漢方でも肝臓にいいものはたくさんありますね。

肌からのケアは、、、、、正直あまりご自宅ケアをおすすめしません(>_<)

だって、目の周りは一番お肌が薄い部分なので、ついついお悩みのある人は「力強く」されると思うので余計に肌負担をかけてしまいトラブルをひどくしてしまう。。。。なんてことがすごく多いからです。

できることといえば、ホットタオルを作って温めたり(適度な温度と圧力で)、目の周りのツボを優しく押したり(優しく優しく)、手のひらを当てる(手当て)などがいいと思います。他では、血流が悪くなってるのでお肌の新陳代謝も悪くなってしまうので、目元への栄養をしっかり与えてることが大事ですね。

サロンケアでは、「アイシャインマッサージ」という目元マッサージが超おすすめです(^^)/オプション価格1100円という手軽さで、満足度は気持ちの良さも目元の効果もどちらも100%をお約束します。

「バイオニック」もすごくいいですよ。お肌の深部への栄養導入と筋肉までパルスが届いて生体電流を正しくしくれます。終わった後には目袋がすごくふっくらします。

マスク生活では「目元が勝負♡」(*^^*)

体の中からと外からとどちらからも健康になって、美しさを作っていきましょう☆

SNS・ブログで日々美容情報を発信しております♪
LINEは予約も可能です!

  • facebook
  • instaram
  • LINE
  • twiter
  • Ameba