ブログ

2019.03.04

春の紫外線対策

春がもうそこまで来ていますね。

3月はあったかい日と寒い日が繰り返される寒暖差がある月ですね。寒暖差は意外とストレスになりやすい。

だっていやですもんね。昨日はあったかくて、もう春だ!と思ってたのに、今日は寒い~(>_<)なんて。

でも「寒の戻り」「暑さ寒さも彼岸まで」
そんな言葉もあるように、そんなものなのです。
だから、少しぐらいの寒暖差も、寒さ対策をしっかりして、
この繰り返しで春がやっってくるんだとワクワクに変えていきましょうね。

自律神経はストレスに弱く、不安定にしてしまいます。自律神経が不安定になると病気を作ってしまいますからね、無駄なストレスはこっちからさよならしましょうね。「わ!今日は寒いんだ!この次あったかくなったらもう春になるかな!」
てな具合に、思い方ひとつで天国言葉に早変わり。
春は嬉しいこともたくさんあるのに、えーーー!って思うことも多いから
ワクワクよりもついつい憂鬱に考えちゃう人が多いけど
春のトラブルを防ぐ一番の方法は「ワクワク」することですよ。

 

春といえば、エステの業界では「 紫外線 」です。
紫外線って夏じゃないの?って思われる方もまだいるかもですが
もちろん夏もなんですが、実は春の紫外線の方がキツイんです!!
空気が澄んでる春だから、紫外線が地上に届くのがハンパない。

そして紫外線で怖いのは、「シミ」よりもじつは「シワ」なんです。
紫外線を浴びるとお肌の真皮層のエラスチンという弾力繊維が減ってしまうのです。
エラスチンはあまり聞かない言葉かも知れませんが、コラーゲンのお友達というか家族みたいなもので、コラーゲンがなくなると小ジワが増えますが、エラスチンがなくなると深いシワができます。
紫外線をたくさん浴びている漁師さんや農家のおじさんの、深いシワがその例です。でもその方たちがすごいシミがあるかというと意外とそんなことはないんですね。
だから、紫外線で怖いのは、シワ!!

年齢に関わらず、紫外線はエラスチンを減少させますので、若い人も気をつけてね。

ゆみらぼでは、周りのどの女性よりも、早めの紫外線対策をしましょ♡とオススメしています。

3月ってまだ日傘差してる女性は少ないですが、やっちゃいましょ!
サングラスも紫外線対策には必須アイテムですね!やっちゃいましょ!
最近では、UVカットのメガネがたくさん出ていますので、黒いサングラスではなくて、自然めな伊達メガネでオシャレ感を出しながら、実は紫外線対策!
すごくオシャレだと思います☆

もちろん、日焼け止めも絶対してくださいね。
でも、日焼け止めは気をつけないとお肌を乾燥させるものもありますから。
紫外線吸収剤や紫外線カット剤を多く使っているものは、お肌を特に乾燥させますので、なるべく自然派の紫外線をカットするタイプのものより、お肌の免疫力を高める美容液に近い日焼け止めをおススメします。

ゆみらぼでは、ポリシー化粧品のサンブロックという日焼け止めをオススメしています。16種類の生薬で紫外線からお肌を守ってくれて、今あるシミにも働きかけてくれる日焼け止めです。

そして、紫外線を浴びてしまう時は、保湿をしっかりしてくださいね。
紫外線を浴びてしまうと、それをなかったことにするためにお肌は新陳代謝を活発にしていきます。そのためにもしっかりと保湿をして活発に働けるお肌の状態を維持しておくことが大切です。

また、食事でも、ビタミンCやお肌を作るアミノ酸である良質なタンパク質を摂ることも大切です。

私のオススメ簡単ビタミン補給は、「キャベツの千切り山盛り」。食べ方は自由ですし、千切りでなくても大丈夫。生のキャベツを一度、た〜くさん食べてみてください。翌朝のお肌!絶対違いますよ。キャベツはビタミンCがすごく豊富です。ぜひ疲れたお肌の時などもおすすめですよ。

紫外線予防は「徹底する」ことに意義があることもお忘れなく。
紫外線を浴びると増えてしまうメラニン色素!これがシミの原因になるのですが、実はこのメラニン色素は紫外線をお肌の奥に入れないために出てくる免疫力でもあるのです。だから、お顔だけを守っていて手や足を無防備にしていると、紫外線をあびたことで脳がメラニン色素を出す指令を送ってしまいますから、お顔にも影響が出てくるのです。

ここでまとめておきますね!
紫外線対策で知っておいてほしいこと
①紫外線はシミよりもシワを作る!
②3月から日傘、UVカットメガネ
③日焼け止めはお肌を痛めないものを使う
④保湿していいお肌状態を作っておく
⑤ビタミンCとアミノ酸を摂る
⑥紫外線予防の徹底

これさえできていれば、桜も海も山も楽しめるんですから!
やっぱりワクワクして春を待ちましょうね。

2019.02.20

春のお肌トラブルの予防と対策と前に

春のお肌ってどんなイメージがありますか?

春と言えば最近は「花粉症」でしょうか。花粉症がこんなに言われるようになる前は、春と言えば「ニキビ」や「毛穴」や「アレルギー」でしたね。花粉症もアレルギーの中に入りますね。

では、春はお肌にとってどんな影響を及ぼす季節なのかを考えていきましょう。

春は、新芽の季節。お肌も同じく、冬の間、おとなしく。気温も上昇して、新芽が上へ上へ伸びるように、お肌も新陳代謝を高めて新しい細胞をどんどん作り出します。では、冬の間、ほったらかしにされていた木の新芽と、冬の間もしっかり冬ごもりをさせて、栄養やお水をもらっていた木の新芽は同じでしょうか?それは後者の方がいい新芽ですよね。

新芽もお肌の新しい細胞も、作り出されるにはパワーが必要です!そう!春はパワーがいる時なのです。

そのパワーは冬の間に貯めていきます。パワーの貯蓄が少ないと、思ったようにいい細胞が作れない。そしてすごく疲れます。その疲れは不安定となってお肌や心をトラブらせるのです。だから冬の間のお手入れや栄養補給が肝心です。

 

花粉症が田舎ではあまり聞かれないのはご存知すか?都会の方が花粉症の人が多いのです。それは、都会では、しっかりと冬の生活ができていないからです。冬の生活とは、冬眠状態の体を大事にできていないということです。例えば、冬の温めであったり、冬のものを食べること。都会で働く女性は、冬でも薄着やストッキング。室内にいれば温かいですが、足元はどうでしょう?「冷えは万病の元」と言われるように、様々なトラブルや症状を引き寄せています。また、食事でも、最近は一年中同じ野菜がスーパーに並んでいます。季節の野菜をしっかり摂るという考えがない方がほとんどです。そればかりではなく、野菜と言えば代わり映えしないサラダしか摂っていない方が多いです(>_<)食事のことについては、また別の機会にブログりたいと思います。

もう春がそこまで来ているので今更ですが、冬には、しっかりと温めて免疫力を高めること、冬の野菜や冬に必要な栄養をしっかりとることでが大事です。今からでもがんばってみませんか(^^)/ 冬の生活をしてみると、今のトラブルも改善するかも知れませんよ♡

 

さて、そんな冬を乗り越えた春のお肌、新芽が伸びるように、ぐんぐん新陳代謝が高まってきます!

お肌の新陳代謝とは、古い細胞はアカとなって剥がれ落ちて、新しい細胞が生まれてくることです。だからまずは、冬の間にたまった老廃物や古い角質(アカ)をデットックスすると、新陳代謝が活発にスムーズに行われます。そのデトックスがうまくできないと、ニキビができたり、乾燥してアレルギーのような症状になったりします。脂の分泌も活発になってきますから、毛穴も開いてきますし、お肌がザラザラしやすくなりますね。ホームケアとしては、W洗顔をしっかり丁寧にすることでトラブル予防ができます。デトックスをきちんとすることで、春の新陳代謝がさらに高まり、いいお肌状態で夏を迎えることがシミ予防にもつながりますよ。

 

春は紫外線が一番きつい季節でもあります!!

紫外線と言えば「シミ」と思われると思いますが、「しわ」もできるんですよ。お肌の真皮層の中のエラスチンという成分を紫外線が破壊してしまうそうです。エラスチンはコラーゲンと同じくお肌の弾力繊維!弾力がなくなるとは、ハリがなくなるということですから、しわやたるみができるということです。

「シミ」も「しわ」も怖いので、紫外線からしっかりお肌を守ってくださいね。お肌に優しい日焼け止め、日傘、日除け用の服、サングラス、アスタキサンチン、などなどで紫外線対策を!

 

春のお肌のこと、まとめてみますね!

①新陳代謝が高まる春➟まずはデトックス!(デトックスしないと新しい細胞は作られない)

②不安定になりやすい➟アレルギー

③脂の分泌が活発になる春➟ニキビができやすい。毛穴が開く。

④紫外線が一番きつい春➟紫外線対策!!

この4つのことを意識しながらホームケアやエステのコースを選ばれるといいいですよ。

 

SNS・ブログで日々美容情報を発信しております♪
LINEは予約も可能です!

  • facebook
  • instaram
  • LINE
  • twiter
  • Ameba